TEL 0996-23-5221 FAX 0996-23-9797

〒895-0074 鹿児島県薩摩川内市原田町2番46号

令和元年度 済生会川内 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 549 119 95 185 253 442 1086 1153 1035 267

令和元年度の退院患者人数を、年齢化級別(10歳刻み)に集計しました。年齢は入院時を使用しています。全入院患者の約68%が60歳以上となっており、地域的にご高齢の患者さんが半数以上を占めております。また0~19歳までの割合も全体の約13%となっており、小児医療も力を入れています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 238 2.43 2.63 0.84 67.39
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 132 10.02 9.79 10.61 76.99
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 58 17.79 17.71 13.79 82.09
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 38 17.32 11.67 13.16 66.00
06007xxx99050x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 35 4.14 9.47 0.00 66.89

内科の1位は、大腸ポリープに対して内視鏡下に粘膜切除をおこなう入院となっています。2位は、胆管炎や総胆管結石、胆道の悪性腫瘍などの胆道系疾患に対する内視鏡治療(ERCP)実施の為の入院となっています。侵襲性が少なく、高齢の方にも多くおこなわれています。3位は、心不全に対する加療目的の入院となっています。


小児科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 54 4.67 6.19 0.00 1.93
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 44 4.05 5.73 0.00 3.80
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 4.27 6.64 0.00 3.51
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 37 3.97 5.39 0.00 5.32
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 29 5.00 5.69 3.45 2.72

令和元年度で最も多い症例はRSウイルス、ヒトメタニューモウイルスなどのウイルス感染による気管支炎です。次いでウイルス性の肺炎、小児喘息性気管支炎、ウイルス性腸炎の順になります。年齢層として幼児期の患者さんが多く、約1週間前後で退院しています。
地域の中核的病院として小さいお子さんを持つ親御さんの不安を解消すべく、かかりつけの病院・クリニックと連携し、小児医療に取り組んでいます。


外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 75 3.75 4.26 1.33 67.53
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 57 7.42 4.85 1.75 67.19
060040xx99x70x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等27あり 副傷病なし 48 3.38 4.62 0.00 65.15
060020xx99x50x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 47 3.60 7.32 0.00 73.77
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 43 9.33 7.13 0.00 62.07

外科の症例数1位・3位は大腸癌に対する化学療法(抗がん剤治療)、4位は胃癌に対する化学療法の入院の症例となっており、がん診療連携拠点病院として悪性腫瘍の治療に積極的に取り組んでいます。また2位は鼡径ヘルニア(脱腸)に対する根治手術を行う入院となっております。5位は胆のう炎や胆のう結石に対し手術で胆囊を摘出し治療する入院です。


小児外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 20 3.00 2.81 0.00 4.00
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 8.05
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 9.79
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 3.13
060170xx99xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア 手術なし 7.54

令和元年度で最も多い症例は外鼡径ヘルニアに対するヘルニア手術です。
次いで臍ヘルニアに対するヘルニア手術、虫垂炎に対する腹腔鏡下虫垂切除術の順になります。
小児科同様、身体的・精神的にも幼いお子さんの不安を少しでも解消すべく、約1週間前後の入院期間で治療を行っております。
患者数が10未満の場合には厚生労働省が定める「病院指標の公表」作成条件に基づき、-(ハイフン)を表記しています。


産婦人科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120010xx99x70x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等27あり 副傷病なし 49 4.24 4.27 0.00 58.20
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 44 6.95 6.21 0.00 46.30
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 38 11.47 9.71 0.00 43.74
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 27 15.78 19.06 7.41 29.78
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2なし 23 3.00 3.13 0.00 44.87

産婦人科で最も多い症例は卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍に対する化学療法入院、次いで、卵巣や子宮の良性腫瘍に対する入院となっております。当院はがん診療連携拠点病院として、悪性腫瘍に対する化学療法治療に積極的に取り組んでおります。また、周産期母子医療センターに指定されており、妊産婦・新生児に対しての管理入院を行うなど地域の産科・婦人科の中核的な役割を担っております。


放射線科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070040xx99x2xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 手術・処置等22あり 16 18.44 22.54 56.25 71.63
040040xx9903xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 15 42.13 28.97 0.00 74.13
090010xx99x2xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 29.20
040040xx9902xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 22.92
100380xxxxxxxx 体液量減少症 9.13

令和元年度で最も多い症例は骨転移に対する放射線治療です。次いで肺癌、乳癌に対する化学・放射線治療の順になります。
がん診療連携拠点病院として地域の病院と連携し、放射線療法を中心とした、がん治療を行っております。
患者数が10未満の場合には厚生労働省が定める「病院指標の公表」作成条件に基づき、-(ハイフン)を表記しています。


皮膚科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 40 9.68 9.00 2.50 67.03
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 12 5.17 7.90 8.33 83.75
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 4.01
080090xxxxxxxx 紅斑症 10.05
03001xxx99x4xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 12.38

皮膚科では、帯状疱疹や紅斑症または皮膚の悪性腫瘍・良性腫瘍の手術等、様々な症例の治療を行っております。
特に多い症例の帯状疱疹では内服や軟膏塗布、抗ウイルス剤の投与などの治療がほとんどとなっております。
また、皮膚潰瘍・褥瘡等に対してもV.A.C療法を取り入れ、一日でも早い症状改善・在宅復帰を目指し、治療を行っております。
患者数が10未満の場合には厚生労働省が定める「病院指標の公表」作成条件に基づき、-(ハイフン)を表記しています。


泌尿器科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 120 2.33 2.49 0.00 68.66
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 96 8.15 7.07 1.04 77.02
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 副傷病なし 57 6.89 5.61 3.51 64.32
110080xx9903xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 45 22.22 14.52 6.67 77.36
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 35 12.14 12.18 0.00 68.80

令和元年度で最も多い症例は前立腺癌の確定診断のために行う針生検(1泊2日の検査入院)です。次いで膀胱癌に対する膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的)、レーザーを使用し尿管結石などを除去する尿路結石除去術(経尿道的)、前立腺癌に対する腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術の順になります。診断・治療の全てを当院で行い、膀胱癌、尿管結石については約1週間、前立腺癌は約2週間の期間で治療を行います。
がん診療連携拠点病院として手術に加え、化学療法、放射線療法といった様々な「がん治療」を地域の病院と連携して行っております。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 29 95 1 8
大腸癌 18 16 17 382 1 8
乳癌 12 1 8
肺癌 1 8
肝癌 20 1 8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

上記は5大癌について、初発患者は、UICC(国際対がん連合)が定めたStage分類で集計し、再発患者は期間内の患者数を集計しています。初発とは、当院において悪性腫瘍の診断や初回治療を実施した人数を指します。患者数が10未満の場合には厚生労働省が定める「病院指標の公表」作成条件に基づき、-(ハイフン)を表記しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 15 12.20 54.87
中等症 73 17.08 83.29
重症 10 15.10 85.80
超重症
不明

上記は当院で肺炎で入院された患者さんをA-DROPスコアを用いて重症度別に集計しました。A-DROPスコアとはA(年齢)、D(脱水)、R(経皮的動脈血酸素飽和度)、O(意識障害)、P(収縮期血圧)で構成されており、該当する項目が多いほど重症度が高くなります。当院では中等症の肺炎の患者さんが多くなっております。患者数が10未満の場合には厚生労働省が定める「病院指標の公表」作成条件に基づき、-(ハイフン)を表記しています。

脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内
その他

脳梗塞と呼ばれる上記疾患の患者さんを発症日数別に集計しています。3日以内だと急性期、その他は慢性期を指しています。患者数が10未満の場合には厚生労働省が定める「病院指標の公表」作成条件に基づき、-(ハイフン)を表記しています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 229 0.28 1.27 0.44 67.92
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 119 3.52 12.09 17.65 78.50
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 52 1.35 7.63 13.46 72.81
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 38 0.95 10.00 7.89 66.34
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 31 30.29 23.68 29.03 71.68

当院は消化器の専門医が多く在籍しており、消化器の内視鏡手術が上位を占めています。1位は、大腸ポリープや早期癌に対しておこなわれる内視鏡的大腸ポリープ粘膜切除術で、病変の早期治療に努めています。また、胆管炎や総胆管結石などの胆道系疾患に対しておこなわれる胆道ステント留置術や十二指腸乳頭切開術も多くおこなわれています。


小児科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの)
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度)
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度)

小腸が大腸に入る「腸重積症」に対する手術が多く行われています。
乳児期の患者さんが多く、肛門から空気を注入し、圧を加えることにより整復を行います。
患者数が10未満の場合には厚生労働省が定める「病院指標の公表」作成条件に基づき、-(ハイフン)を表記しています。


外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 52 1.98 6.54 1.92 62.48
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 34 1.62 4.59 2.94 67.47
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 33 2.12 6.15 3.03 63.67
K6335 鼠径ヘルニア手術 22 1.95 4.55 0.00 66.23
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 18 5.56 20.06 11.11 73.17

外科での1位は腹腔鏡で行う胆囊摘出術が最も多くなっております。胆のう結石や胆嚢炎が原因で行われる場合がほとんどです。2位・4位は、鼡径ヘルニア(脱腸)の根治術となっております。3位は別名CART・KM-CARTと呼ばれ癌性や肝性などの難治性腹水を抜き出し専用の機器できれいに濾過し、再注入する手技となっております。5位は大腸癌に対する手術です。


小児外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 12 1.00 1.00 0.00 2.67
K634 腹腔鏡下鼠経ヘルニア手術
K6333 臍ヘルニア手術
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの)
K836 停留精巣固定術

お腹の中にある臓器(小腸、大腸など)が飛び出し、鼡径部が腫れる疾患を「鼡径ヘルニア」といいます。手術により腹膜の出っ張りを無くし、腹圧がかかってもお腹の臓器が脱出しないように行う手術が「鼡径ヘルニア手術」です。小児外科において一番多く、ほとんどの患者さんが術後翌日には退院しております。
次いで臍ヘルニア手術、腹腔鏡下にて行う虫垂切除術になります。
患者数が10未満の場合には厚生労働省が定める「病院指標の公表」作成条件に基づき、-(ハイフン)を表記しています。


産婦人科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 54 0.96 4.98 0.00 44.31
K877 子宮全摘術 36 1.19 9.89 0.00 47.50
K867 子宮頸部(腟部)切除術 23 1.00 1.00 0.00 44.87
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 17 1.00 9.41 5.88 48.06
K861 子宮内膜掻爬術 16 0.00 0.19 0.00 46.56

産婦人科では、良性又は悪性腫瘍の摘出術を多く行っております。中でも子宮附属器(卵巣)腫瘍の腹腔鏡手術が最も多く、開腹手術より低侵襲で在院日数も短期となっております。次いで子宮や子宮頚管部の切除術が多く行われております。


皮膚科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 11 0.27 3.09 0.00 83.09
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満)
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満)
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満)
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満)

皮膚科で最も多い手術は皮膚悪性腫瘍切除術となっております。
また、悪性腫瘍以外の良性腫瘍に対する手術にも力を入れており、皮膚・皮下腫瘍摘出術は腫瘍の大きさや露出部・露出部外かによって手術手技が分類されております。腫瘍の大きさや露出部・露出部外問わず、様々な手術を行っております。
患者数が10未満の場合には厚生労働省が定める「病院指標の公表」作成条件に基づき、-(ハイフン)を表記しています。


泌尿器科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 105 2.46 5.89 0.95 76.88
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 56 1.34 4.46 3.57 64.23
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 53 1.62 8.58 15.09 73.28
K843-2 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術 35 1.26 9.89 0.00 68.80
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 32 3.22 9.00 0.00 71.00

最も多い手術は膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的)です。尿道から内視鏡を挿入し、腫瘍を切除します。開腹手術に比べて侵襲性が低く、手術時間も短時間になります。次いで内視鏡とレーザーを用いて尿路結石を細かく割り取り出す尿路結石除去術(経尿道的)、前立腺癌に対する腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術などを多く行っております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 4 0.08
異なる 27 0.52
180010 敗血症 同一 9 0.17
異なる 12 0.23
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 1 0.02
180040 手術・処置等の合併症 同一 10 0.19
異なる 1 0.02

最も医療資源を投入した傷病名が上記に該当する患者さんで、更に入院契機傷病名と同一か異なるかで集計しています。
「130100播種性血管内凝固症候群」は入院契機とは異なるが大多数占めており、入院してから発症している症例が多いことがわかります。

更新履歴