TEL 0996-23-5221 FAX 0996-23-9797

〒895-0074 鹿児島県薩摩川内市原田町2番46号

社会福祉事業

すべての人に平等に保健・医療・福祉を受けられる機会を提供

無料・低額診療事業

明治44年2月、明治天皇は桂総理大臣に「医療を受けることが出来ずに困っている人達に施薬救療し、済生の道を弘めるように」という「済生勅語」に添え、150万円を下賜されました。この基金をもとに済生会は発足しました。
 済生会の出発点である「施薬救療」の精神を引き継ぎ、当院では社会福祉法に基づいて経済的な理由により必要な医療を受ける機会が制限されることのないよう、診療費の自己負担を軽くする無料・低額診療事業を実施しています。

対象となる方
  • 低所得者等で、経済的理由により診療費の支払いが困難な方
  • 限度額適用・標準負担額減額認定証をお持ちの方で適用区分が「区分Ⅰ」「区分Ⅱ」「オ」の方
対象となる医療費
  • 当院での診療費
    ※院外薬局の薬代や入院中の食事代・個室料等の自費分は対象となりません。
相談窓口
  • 健康福祉課(1階)
    0996-23-5221  内線(3161)
  •  利用に当たっては、収入などの一定の条件がありますので、収入の分かる書類(源泉徴収票や給与明細、年金振込書など)を提出して頂く事になります。
相談受付時間
  • 月~金曜日 午後2時~午後4時30分
  •  事情をお聞きし、無料・低額診療事業に該当する場合には診療費の自己負担を軽くします。どの程度負担を軽くするかは、収入や必要な診療費などによって変わります。
  •  無料・低額診療事業は生活が改善するまでの一定期間に利用して頂くものです。他の公的な制度が利用できる場合は、そちらの手続きをお勧めすることもあります。

生活困窮者支援事業(なでしこプラン)

nutrition

 平成22年度からは、経済的な生活困窮者だけではなく、刑務所からの出所者の社会復帰を支援するなど、院外でも積極的に生活困窮者支援事業に取り組んでいます。

  • 更生保護施設「草牟田寮」を訪問し、入所者に対し健康教室・健康相談・健康診断・インフルエンザの予防接種を実施。
  • 知的障害児通園施設「つくし園」の施設利用者の保護者に対して訪問相談を行うほか、施設職員に対して教育・研修を実施。
  • 養護学校児童の在宅生活に関する指導や評価、保護者に対する相談を実施。

へき地医療拠点病院

nutrition

 平成14年7月にへき地医療拠点病院に指定されました。2ヶ所の川内地域診療所への訪問診療を行ってきました(写真は久見崎診療所)。
 現在は、甑島手打診療所へ定期的に医師を派遣し、甑島住民の医療に貢献しています。